メインビジュアル

初動負荷トレーニング®︎メディカル越谷 越谷 トレーニング ジム スポーツ 初動負荷 埼玉

〒343-0025 埼玉県越谷市大沢3219-19
東大沢整形外科内科 リハビリテーションクリニック2F

お問い合わせ048-967-3777

MENU

facility トレーニングマシーンのご紹介

B.M.L.Tカム®マシン

国際特許を取得しているB.M.L.T.カム®マシーンのご紹介をいたします。

 

<CLAVICLE:鎖骨>CLA・SHOULDER4D-2000

 

手首よりも肘を高い位置で維持したまま肘を上下することにより、鎖骨、肩甲骨、肩関節、体幹の可動性、柔軟性を高めます。また肩・腕・体幹の筋力を向上させます。

 


 

<PELVIS:骨盤>PEL・GLUTEUS4D-2000

 

股関節を開き外側方向に3次元的に下肢を屈伸することにより、骨盤、股関節、膝、足部の可動性、協調性を引き出します。骨盤の安定性、可動性は「地面からの衝撃吸収」「上半身、下半身に力を伝える」ための重要な役割を担っています。

 


 

<SCAPULA W:肩甲骨>SCA・BACKS4D-1000

 

両上肢を挙上・下制させることにより両肩の柔軟性、協調性を高めると共に、肩甲骨、肋骨、胸椎、腰椎、股関節の可動性、連動性が高まります。「胸を開く」動作を意識することで猫背予防・姿勢改善などにも効果的です。

 


 

<GLUTEUS:殿部>GLU・PELVIS SWING4D-1000

 

下肢の後方への蹴り出し動作を行うことにより殿筋、ハムストリングス、下腿三頭筋の筋力強化が可能です。主に股関節、膝関節の可動性、柔軟性が改善し歩行速度、ランニング動作が向上します。

 


 

<HIP JOINT:股関節>HIP・LEGS4D-1000

 

下肢を屈伸することにより、股関節、膝関節、足関節の協調性、可動性、殿筋、大腿四頭筋、下腿三頭筋の筋力強化であり、骨盤に付着する太もも裏の筋肉を柔らかくすることができるので腰痛、下腿のむくみの改善が期待できます。

 


 

TOP
WEB予約
WEB予約